こんにちは、山口県の行政書士の廣戸です。

身内が亡くなり、遺品を整理していたら遺言書が出てきた場合、何が書いてあるか気になりますよね。すぐにでも封を開けたい気持ちになるのではないでしょうか?

今回は自筆証書遺言の開封についての解説です。

遺言書を見つけたらどうすればいい?

自筆証書遺言(手書きで作成された遺言書)を自宅などで見つけた場合、封を開けてはだめです。 すぐに封を開けたい気持ちになるかと思いますが家庭裁判所で検認をしなくてはいけません。

検認は、家庭裁判所で遺言書自体が本物かどうかや遺言書が書き換えられていないかを確かめるためにしなければいと法律で決まっています。

>>検認についてはこちら<<

勝手に開封してはいけないという法律がある

自筆証書遺言書を自宅などで見つけた場合、検認手続をしなくてはいけません。勝手に開封してはいけないという法律の規定があり、開けてしまうと5万円以下の過料(罰金)が課せられることもあるので注意してください。

遺言書を勝手に開けてしまったら?

うっかり遺言書を開けてしまった場合は?

自筆証書遺言書を検認を行わずに開封してしまった場合でも遺言書自体の効力に影響があるわけではありません。検認手続は 遺言書の有効無効を判断するための手続ではありませんので遺言書自体の効力には影響がないというわけです。

うっかり開封してしまった場合でも家庭裁判所に対して、検認の申立てをしてください。 検認の手続きはしなければしなければいけないことなので、うっかり開けてしまった場合も速やかに行う必要があります。うっかり開けてしまって過料(罰金)になった事例も私の知る限りありませんので、なるべく早く検認を行ってください。

検認手続について疑問や不安がある方はなるべく早く専門家にご相談することをおすすめします。

これから遺言書を作成される方は

自筆証書遺言書を作成される場合、開封されない工夫を!

自筆証書遺言書を作成される方は、勝手に開封されない工夫をしておいたほうがいいです。法律で決まっているわけではありませんが、残された家族がうっかり開けてしまう可能性がありますので、少し工夫しておいたほうがいいかと思います。

封筒に家庭裁判所の検認が必要と入れて封をする。

自筆証書遺言書を入れる封筒に「開封を禁ずる、家庭裁判所の検認手続が必要」と入れておけば、うっかり開けてしまうことを防げます。

法務局に預ける。

2020年7月10日より法務局で自筆証書遺言書を保管してくれる制度が始まります。法務局で預けた場合、検認が不要になりますので便利です。保管の手数料に関しては、まだ公表はされてませんので確かではないですが、数千円ではないかと言われています。

公正証書遺言書を作成する。

公正証書遺言書は、公証人と証人二人のもと、口授により内容を確認しながら公証人が作成する遺言書で、家庭裁判所の検認が不要です。費用や必要書類準備等の手間がかかりますが、遺言書の効力が心配な方は、自筆証書遺言を作成するより、間違いなく公正証書遺言書がいいです。