戸籍 周南市 行政書士

こんにちは山口県周南市の行政書士 廣戸です。

今回は相続の手続きで必ずお世話になる「戸籍」について用語解説です。

戸籍とは

人の出生から死亡までの身分事項、親族関係を公の帳簿に記録、管理し証明するものです。

個人の氏名、生年月日のほか、出生や死亡、婚姻や離婚、養子縁組や離縁などの情報が記載されています。

除籍とは

人がいなくなり、 閉鎖された戸籍を「除籍」といいます。

戸籍に記載されている人が亡くなると、その人は戸籍から除かれます。また、戸籍に記載されている人が結婚して、新しい戸籍に移るとその人も元の戸籍からいなくなります。このように、戸籍に記載されている人が結婚したり死亡したりすることで、戸籍から抜けて、戸籍に誰もいなくなった状態の戸籍を除籍といいます。

改製原戸籍とは

戸籍の形式は時代(法律)によって変わってきたのですが、変わる前の古い、使われなくなった戸籍の形式を改正原戸籍(原戸籍)といいます。

戸籍は、法令の改正により、現在までに何度も形式が変わっています。明治5年の戸籍法施行より現在まで5回ほど形式が変わってきましたが、その戸籍が変わることを改製といいます。

押さえるべき改製原戸籍

昭和32年の法務省令による改製(昭和改製原戸籍)

改製前までは、一族全員、孫、甥、姪なども同じ戸籍に記載され、戸主を中心とした「家」を一つの単位として構成されていました。これが、現行の「夫婦とその子(まだ結婚してない子)」の編成に変わりました。

平成6年の法務省令による改製(平成改製原戸籍)

戸籍 行政書士 周南市

改製前までは、紙の帳簿により作成管理されていましたが、コンピューターにより作成管理されることになり、現在の形になりました。

戸籍謄本と戸籍抄本の違い

「戸籍抄本」は、一部の人の情報を記載する書類です。一人の戸籍の情報しか書かれていませんので、個人の分だけの情報を知りたい場合に請求します。

「戸籍謄本」とは、戸籍に記載されたすべての項目が書かれている書類です。戸籍に載っている家族全員の情報が記載されています。