遺産分割協議書

こんにちは、山口県周南市の行政書士 廣戸です。相続開始となり、遺産分割の話し合いがまとまったら、遺産分割協議書を作成する必要があります。

今回は、その「遺産分割協議書」についての解説です。

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、相続人全員で遺産の分割の話し合いが行われ、分割が決まった時にその内容をまとめた書類のことを言います。

遺言書のない遺産相続が始まった場合、相続人が一人ならその人がすべての遺産を相続しますが、相続人が複数いる場合は、どの遺産を誰が相続するのかを相続人全員で決めなければいけません。

全員が遺産分割について合意できたら、どのような内容で合意したのかが明らかにしておく必要があります。それが、「遺産分割協議書」となります。

なぜ遺産分割協議書が必要になるかと言うと、トラブルを防ぐ意味もありますが、銀行などの後の手続きで遺産分割協議書が必要になるためです。

書式は自由。署名と実印の押印を忘れずに

遺産分割協議書に決まった書式はありません。手書きでも、パソコンを使って作成しても大丈夫です。

ただ、相続人全員の実印での押印が必要です。忘れずに作成した遺産分割協議書に相続人全員で、署名と実印での押印を行う必要があります。

相続人が未成年者の場合は、法定代理人か特別代理人が押印を行います。

また、遺産分割協議書が複数枚になる場合は契印を行います。

遺産分割協議書の書き方

相続人全員で遺産分割協議を行い、分割協議が成立したら遺産分割協議書を作成します。書式については前述したとおり決まりはありませんが、以下のポイントに注意して作成してください。

  • 相続人全員の署名と実印での押印
  • 契印
  • 相続財産がもれなく記載されているか

遺産分割協議書には相続財産を漏れなく記載する必要があります。遺産などが作成後に新たにでてきた場合は、また1から遺産分割の話し合いと協議書の作成をしなければいけないことになるかもしれません。ですので、相続財産については、しっかり調査した上で記載漏れの無いように作成する必要があります。

遺産分割協議書には相続人全員の署名と押印が必要です。印鑑は実印である必要があります。印鑑登録書と違う印鑑を使用することはだめですので、印鑑登録書の㊞で間違いないか、チェックする必要があります。

遺産分割協議書が複数枚になる場合は、契印をします。契印とは、書類が複数枚になった場合に、書類の間等に印を押して「一連した一つの書類です」と証明するために押される印鑑です。契印の印鑑は相続人全員の実印で押します。

遺産分割協議書記載例

遺産分割の話し合いがまとまらなかったら?

遺産分割の話し合いがまとまらなかった場合は家庭裁判所に、「遺産分割の調停」を申し立てる事ができます。

調停とは家庭裁判官や調停委員の立ち会いのもと、相続人が集まって話し合いを行い解決を目指します。

調停の期日は1~2か月に1回行われ、その都度、家庭裁判所に通うことになります。1回あたり1~2時間の話し合いが行われます。調停が成立するまでの期間はだいたい1年ぐらいです。

調停で相続人全員のもと遺産分割が決まると、調停成立となり、裁判所が事実調べ、証拠調べを行い、家事審判裁判官によって遺産分割を命じられます。

調停が不成立となった場合は、「遺産分割の審判」に移行します。

遺産分割審判とは、家庭裁判所で行われる裁判(家事審判)で、裁判官がすべての事情を考慮して、遺産分割の方法を決定する手続きです。

調停を経ずに、審判をいきなり申し立てる事もできます。ですが、審判を申し立てても調停に回されることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください