秘密証書遺言とは

秘密証書遺言書とは

秘密証書遺言書とは、遺言者が遺言内容を秘密にしたまま作成する方式です。

遺言書の内容を誰にも公開せずに秘密にしたまま公証人にその「遺言書」の存在のみを証明してもらう方法で行われる遺言をいいます。

秘密証書遺言書のメリット

秘密証書遺言のメリットは、遺言書の内容を誰にも知られることなく作成できる点です。公正証書遺言書の場合は公証人と証人に遺言書の内容が知られてしまいますが、秘密証書遺言書の場合は、公証人は遺言書の存在のみを確認するので内容を知られることはありません。

秘密証書遺言書のデメリット

秘密証書遺言書のデメリットは、遺言の内容までは公証人がチェックしないため、遺言自体が無効になってしまう可能性があります。秘密証書遺言の作成にも一定の要件がありますのでそれを満たさないと無効になってまいます。

また、秘密証書遺言書は家庭裁判所の検認が必要になり、公正証書遺言書のように公証役場で原本を保存するものでもないので保管方法を検討しなければなりません。

秘密証書遺言書の要件

秘密証書遺言書の要件は下記です。

  • 遺言者がその証書に署名押印をすること
  • 証書に押印した印鑑で封印をすること
  • 公証人が、提出した日付及び遺言者の申述を封書に記載した後、遺言者及び証人とともに署名押印すること

秘密証書遺言書は自分で遺言書を作成しなければいけません。公証人は遺言書の作成には一切関与しません。ですので遺言書の内容の効力を保証するものでもありません。

上記に申述とあるように、他人に筆記してもらったものや、パソコンで作成したものでも構いません。

ただ、加除や変更をする場合は、自筆証書遺言書と同様の規定通りに行わなけ得れば無効になります。

秘密証書遺言が無効な場合…

上記のような要件を欠くと秘密証書遺言書としては無効になります。

秘密証書遺言書は、自筆証書遺言書の一種ですので、秘密証書遺言書として要件を満たさず無効になった場合、自筆証書遺言書の要件を満たせば自筆証書遺言として効力を有することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください