亡くなった後の手続き 山口県版

亡くなった後の電気、ガス、水道の手続き

電気やガス、水道料金などの公共料金の契約は、手続きをしなければ故人が亡くなってからも契約は継続されてしまいます。料金が発生してしまう可能性があるので早めに手続をするほうが良いです。

金融機関の口座は亡くなったことを届けると講座は凍結され入出金ができなくなります。そのままにしておくと電気ガスなどの料金の自動引き落としができなくなります。

亡くなった方が一人暮らしだった場合の契約についての手続き

亡くなった方が一人暮らしだった場合、今後もその家に誰も住む予定がないときは、契約していたサービスを解約する必要があります。締日をすぎると基本料金が発生することもあるので早めの手続きが必要です。

各社、電話やインターネットから手続きができますので領収書などを確認して、まず亡くなられたことを伝えてください。

アドバイス!
故人が一人で住んでいた場合の電気、水道の解約手続きは
遺品の整理が終わっていから手続きをしたほうが遺品整理作業がしやすいですよ。

亡くなった方と同居していた場合の契約についての手続き

亡くなった方と同居していた場合、各種契約は名義変更するようになります。亡くなられると銀行口座が凍結しますので、銀行口座の振替手続きも必要になります。

電話やインターネットから手続きができます。請求書や領収書などに電話番号が記載されていますので、そちらから亡くなられた旨を伝てください。また公式ホームページから手続きできるところがほとんどです。

亡くなった後のNHKの受信料の名義変更、解約手続き

NHKの解約、名義変更は、電話、インターネットで手続きを行うことになります。まずは亡くなった旨を伝えましょう。

電話で名義変更を行う場合

電話でNHK契約の名義変更を行う場合はNHKの「受信料関係のお問い合わせ先」から電話してく些細

フリーダイヤル:0120ー15ー1515(9時から20時まで)

インターネットで名義変更を行う場合

インターネットで名義変更のお手続きを行う場合はNHKホームページ「放送受信料 契約者氏名変更のお手続き」から手続きを行うようになります。

NHK:放送受信料 契約者氏名変更のお手続き